読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バランス重視のアホ

週末の金曜日に忘年会があり二次会のラウンジで他部署の人達と合流した。

そこには同じ組合執行部の人もいたので先日のボーナスの団体交渉について話をした。

彼は年齢が会社の平均年齢と同じ36歳で(私の2学年上である)若い人の意見もわかるし、平均年齢以上の人の意見もわかる。その上で自分はバランスを重視している。という意見を持つ、今からの時代では生き残っていけないだろう凡人である。

こいつに対し私は『これからの時代は危険を伴う仕事や単純労働などはAIや外国人労働者などにとって代わられる。農業に機械が導入された様にこれは当たり前にやってくる未来であり、さらにはイノベーションを起こす事ができる人達というのは新しい考えを持った若者でしかない。それを踏まえて思考停止をしたジジイよりも若者の給料やボーナスupの配分を上げていく働きかけをしていくべきだ』という意見を啓蒙していたが全く響いてないようだった。

こいつが言うには『お前は自分に自信を持っていて志しが高いが、会社員全てがお前のようではない。お前がもしこの会社ではない別の会社で働いていたならば、出世している可能性はあると思う。でもお前は残念かな、この会社の社員である。そして組合執行部としては若者の事も年輩の事もバランスよく考えなければいけない』との事だった。

考え方が終わっている。全く今後の時代が見えていないし、この会社の次ステージを見据えていない様子だった。

 

これからの時代はバランス重視型よりも何か1つでも秀でているものがある人材が必要とされていく。

 

こんなバランス、バランスとほざいているやつとの会話は時間の無駄だったとしか思えない。

まぁ酒の場だったので時にはこんな事もあるかなぁ。