読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き入れ時

昨日クリスマス時期のケーキ屋は書き入れ時と書いたが、この言葉よく書き間違えられる言葉である。

最も間違えられる書き方は『掻き入れ時』である。

そもそもこの言葉の本来の意味は商売が繁盛して帳簿に書き入れる事項が多くなる時という意味だが、客や儲けをかき集めるという意味で掻き入れ時と間違えられる様だ。

普段使っている言葉でもこうした間違えは溢れていそうである。