読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社からの支給物について

本年4月から中途採用で入社してきた新人部下から会社から携帯電話を貰えないかと相談された。

同じチームで働くメンバーはそれぞれ1台ずつ会社支給のガラケーを与えられている現状、それから当人曰く使っている個人携帯の無料通話には回数制限があり、それを越えて負担を強いられている。それも月々2~3千円との主張だ。(回数制限があるという事はYmobileでも使っているのか。それならスーパー誰とでも定額に入れば?との意見も出てきそうだが)

まぁ実際に自己負担があるとの事なのでとりあえず部長に話をあげておいたが、そもそも会社支給制度には意見がある。

会社支給のものを私用で使うという人は世の中にはかなりいると思う。さらに会社から支給されたものは『自分のものではなく会社のもの』なので大事に扱うという意識もかなり薄れると思う。

それならば会社側は携帯であるならば携帯電話使用補助金として毎月ある程度の金額を支給する方が良いのではと思う。

そうする事によって、支給される側のムダな電話をしないでいようという節約や、それが時間の節約に繋がるといった節約意識を高める事ができる。

また会社側にも携帯が壊れた時の対応や管理の省略化にも繋がるのではないかと思う。

古くからのやり方に慣れ親しんだオヤジ達がトップにいる会社ではこういった当たり前の事に気付かない。たとえ気付いていたとしても実際に行動に移さないというという事が数多くあるだろうと推測される。